女系家族





自由、同等、博愛、人間らしく生きましょう。



最終回のどんでん返しは、見事、絶品。 女系家族 DVD



金を巡る野獣本能の凄まじさは絶品。



米倉涼子の耐える女は魅力十分。


序盤から終盤までの、旧思惟女系家族のおどおどしさは秀逸。



女系家族と言う硬直した非常識権力を打倒する革命的傑作。
ですが、最後のまとめかたが少し軽薄。安易な印象を受けました。


それに、最終回のどんでん返しの驚きや壮快感も倍増します。
登場人物それぞれの思惑が交錯し面白いです。女系家族 DVD耐える姿を見続けるのは辛い部门もありますが、
それに耐えつづけ、強くなっていきます。
非道な仕打ちを受け、また利用されますが、

主人公の文乃は、矢島家の女系一族をはじめとした面々から


東京の老舗の呉服問屋「矢島商事」は、代々後継ぎ娘に婿養子をとる女系の家筋。女系家族 DVD 美女の誉れ高い三姉妹は、出戻りの長女?藤代(高島礼子)?家督を継ぐために婿養子の良吉(沢村一樹)をもらった次女?千寿(瀬戸朝香)?女子大生の三女?雛子(香椎由宇)。三姉妹の父で矢島家の当主?嘉蔵(森本レオ)が病に倒れ亡くなった。後日開かれた親族会議の席上、先々代から仕えている専務?宇一(橋爪功)が、親戚一同の前で遺言状を開示した。そこには莫大な遺産の配分だけでなく、嘉蔵の愛人?文乃(米倉涼子)の存在が記されていた。文乃は、親を早くに亡くし一人で生きてきた女。矢島商事の社長とは知らず嘉蔵と出会い、互いに惹かれあい、人目を忍んで逢瀬を重ねるようになっていた。文乃にとっては、これまでの人生で一番幸せで平和な時間だった。だが、文乃の思いとは別に、三姉妹との遺産相続をめぐって熾烈な争いが幕を開ける…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

野上智加
2011年08月08日 18:06
(コピー商品)財布販売
┏バッグ
┏時計
┏財布
┏小物
貴金属など流行の商品.
品質がよい、価格が低い、実物写真!
本物と完全同じ事を保証します.
経.営方針: 品質を重視、納期も厳守、信 用第一は当社の方 針です.
広大な客を歓迎して買います! (*^-^*)

http://aLc.26CH.nEt

この記事へのトラックバック