康熙王朝

天子であるが故、血の繋がった者にさえ厳しい罰を与えねばならないその心の奥底には、やさしさで溢れる愛情があったのだと思う。中国歴代天子の中で最も天子らしい天子であったと今もいわれている。それを演じる陳道明の演技が冴えわたっている!それに大皇太后役のスーチン?ガオワーがまた良い。名優揃いのドラマである。 康熙王朝 DVD
そのまま前史の主人公としてもいい程の人生が台詞のやりとりから窺える。


、話の奥行きが感じられる。康熙王朝 DVD 例えば物語のゴッドマザー的な立場の考証太皇太后は、
それぞれを主人公として無数のサイドストーリーが作れそうな程

キャラクターが主人公を引き立てる道具に堕しておらず、


このドラマに関してあれこれ検索してたら、康熙帝の幼少時の学友で、後に侍衛、重臣となる魏東亭が、実は康熙帝の乳母の子の曹寅をモデルにした排击の人物であるという考証があるとのこと。(ついでに言うとこの曹寅、『紅楼夢』の作者の曹雪芹の祖父にあたります。)



順治帝の出家から始まって権臣鰲拝の捕縛、三藩の乱、台湾攻略、ジュンガル部のガルタン?ハン討伐と、最初から最後まで見せ場でつないだ作品でしたね。戦争の場面と宮廷劇が程よいバランスで混じり合い、だいぶ前に見た『雍正王朝』よりも楽しめました。康熙王朝 DVD

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック